top of page

「健康診断では正常なのに不調」の原因はこれ

健康診断ではどこも悪くない。でも不調がある。どうしたらいいの?

上手く付き合うしかないの?

 

病院に行くと「体質ですね」「ストレスですね」「年のせいでしょう」と言われ、

結局、原因不明だったり、自律神経失調症というような曖昧な病名を言われる。



あるいは、すぐに精神的な薬が処方される・・・



そんな時、健康診断の血液検査のデータを、栄養学的に見てみると、

その不調の原因がわかってきます。



一番多いのは、糖質過剰でたんぱく質不足



他にも、ビタミン、ミネラル不足などたくさんありますが、まずは、たんぱく質が不足していると、そこから先に進めません。



体を作っているのはたんぱく質です。

内臓や筋肉、血液、体内で働く酵素も全部たんぱく質です。



また、たんぱく質は、船の役割をしていて、栄養素を乗せて運びます。

薬もたんぱく質の船に乗って運ばれます。



運び屋さんが少なかったら、食べたもの、飲んだ薬やサプリメントは上手く運ばれません。



そうなると、栄養不足になったり、薬を飲んでも効かなかったり、逆に副作用の方が強く出てしまいます。



ワクチンを打っても、たんぱく質不足だと、抗体がうまくできません。



何をやっても良くならない、薬やサプリが効かないと嘆くより、

まず、たんぱく質が満たされているか?の確認が必要です。



不調があるなら、まずは肉、魚、卵、大豆製品をしっかり食べているか?

を見直してみましょう。


それと、ちゃんと消化できるよう、まずはよく噛んで食べましょう!



これから、栄養素とその働き、何を食べたら良いかなどをお伝えしていきますね。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarii


bottom of page