top of page

3大あるある〜企業様セミナーにて〜

業績が伸びる栄養メソッド


 

先日、PNTトレーナー(分子栄養学×心理技術)としては初の企業様のリアルセミナーでした。




これまでも従業員向けの研修は数件行ってますが、今回からは、栄養の効果を更に発揮できる思考も組み込みました。




よくある症状、3大あるある、




内容を少しお伝えしますね。




①食後に眠気が襲うのはなぜでしょう?

 

 これは、血糖値が関連します。糖質の食べ方で、ある程度改善できます。



(糖質食べなくても眠い場合は、他にも原因があります)



糖質量のに比例して血糖値は上がりますので、1回に食べる糖質の量を調整すると良いですね。






②甘いものがやめられない


甘いものが食べたいのは、エネルギー不足。つまりは、嗜好ではなくて、症状なんです。



また、砂糖や小麦には依存性があって、食べるとまた食べたくなります。



砂糖の摂取は、腸内の悪玉菌やカンジタ菌を増やしたり、炎症体質にしたり、糖尿病、認知症、ガンなどの発生にも関係しています。



やめるに越した事はないのですが、じゃあ、どうやってやめるか?



パンとスイーツ大好きだった私のやめ方は、



高級なものを少しだけ、幸せを感じながら、ゆっくりと味わって食べる。


タンパク質、良質の脂質、ビタミン、ミネラルをしっかり補給して、エネルギーを作れるようにする。



無理矢理やめようとしても、症状だから無理なんです。



幸せを感じながらというのがポイント。





③疲労感が取れない


こちらもまずは血糖値コントロール。

あとは、ビタミンB群や鉄の不足なども関連。



隠れ貧血にも注意。



「副腎疲労」という状態にあるのですが、これはとても長くなるので、また今度記事にします。







 



それから、食事を変える時や仕事中の言葉の選択などお話しました。



甘いもの食べたらダメと言われると、甘いものが頭に浮かびませんか?




脳は否定形を理解できないんです。




代わりに、タンパク質を食べましょうねと言ったら、食べた方が良いものにフォーカス出来るんです。




仕事もダメ出しより、こうすると良いと言われた方がやる気になりますよね。




これを実践すると、

従業員一人一人の幸せ度が増し、

社内の雰囲気、売り上げなどが変わります。




怒ったって業績は上がりません。

根性論や方法論より、栄養と思考なんです。

 



あー、営業職していた頃の自分に教えたい。(笑)



企業様のセミナーは、随時受け付けていますので、お問い合わせ下さい。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page